台湾

【1919年に完成したヨ。】 台灣總統府見学に行ってきました!-その5-

こんにちは★

こんにちは。シュンコウです!
今回台灣總統府見学 に行ってきましたのでそのレポートをさせて頂きます 。


アクセス

台北市中正区重慶南路1段122号


台灣總統府について

総統府は日本統治時代に建てられた総督府の建物を使用しています。
これは1919年に完成し、当時は台湾で最も高い建物でした。
総督の執務室は東に面しており、四獣山までを含む台北市を全貌できました。
第七代台湾総督から合計13人の総督がここで執務を行いました。
戦後は東南軍政長官公署、中華民国行政院、中華民国総統府が共同で用いていました。
現在は総統府として機能しています。

HPより引用

大禮堂

後ろを振り返ると、台湾(中華民国)の国父と呼ばれている「孫文」さんの肖像画です。

臺灣虹廳

宴会/記者会などを行う場所です。

総統府から見た青空

総統府から見た青空がとっても綺麗でした

夜の総統府

総統府国旗降納式映像

総統府プロジェクションマッピング映像



いかがでしたか?

総統府見学、ぜひ皆さんも行ってみてくださいね! 

また、次回の記事もよろしくお願いします。

シュン コウ

台湾の新北市生まれ三重育ち。 中国語だけでなく日本語も話せます。 これから様々な台北の観光名所などを紹介していきますので、楽しみにしていてくださいね!