台湾

中華電信 4G「松山空港編」



中華電信プリペイドSim契約編

松山空港でSimを契約してみました!
松山空港 契約編こちら

松山空港で4G Simを契約してみました!
松山空港 4G契約編こちら

なんと、日本から予約ができるようになりました!
中華電信 オンライン予約編こちら

桃園空港での契約編こちら

まず、はじめに「現地Simカード」とは?

どうも、スケです!
今回は松山空港で中華電信の4G Simのプリペイドカードを購入しました。
このレポートではその購入までのプロセスを前回の情報を交えながら紹介したいと思います!

題名にもある「現地Simカード」について説明を致します♪
「Simカード」とは、電話番号を特定するための固有のID番号が記録されたICカードの事をさします!
簡単に言えばそのカードで電話が対応していればその番号で使えるという感じです!

松山空港で買えるSimカードは「中華電信Simカード」です!

ちなみに皆さんが結構使うことが多い松山空港では、「中華電信Simカード」を買う事ができます!
場所は、空港の検査場を出て左側に行くとあります。写真のカウンターが目印です!

整理券を受け取るようになりました。

整理券を受け取ってと書いてあります。場所は矢印のところだそうです。

整理券はこちらで受け取ります。

事前にオンライン予約している場合には…

事前にオンライン予約している場合には、紙を見せましょう!

ちなみに、オンライン予約?な人はしたのページを見てみてください♪
中華電信 オンライン予約編こちら

そうでない場合の買い方

カウンターにて「Simカードください!」と言うだけです!
ってこれじゃとても粗い説明になってしましますので、手順を紹介します!

<購入手順>

1.予めSimフリーのスマートフォンを用意しておく。(これは詳しくは最後に書きますね♪)
2.パスポートを用意しておく
3.カウンターでデータ用のSimを欲しい旨を伝える(日本語の案内があるので指差しで伝わります) 4.Simフリーのスマートフォンとパスポートを店員さんに渡します。
5.後は店員さんの質問(何日プランにしますか?など)に答えつつ設定をしてもらいましょう♪

その後開通作業がその場で終わりインターネットが使えます!
※その場でインターネットにつながるか試す事をお勧めします!

プランの料金はこんな感じ

【プラン】
03日(定額)通話100元付:300元
05日(定額)通話50元付:300元
05日(定額)通話300元付:500元
07日(定額)通話150元付:500元
10日(定額)通話100元付:500元
15日(定額)通話100元付:700元
15日(定額)通話350元付:800元
15日(定額)通話430元付:1,000元

SimカードGetしました♪

本当に台湾滞在時に役に立ちます!
ちなみに、プラモデルのイメージで取り外します。
サイズ毎に切れ込みが入ってるので自分のSimフリーのスマホのサイズに切り取ればOKです!

Simフリーのスマートフォンとは?!

Simロック解除という言葉をご存知でしょうか?

通常購入するスマートフォンなどはキャリアから購入すると思います。そのキャリアでしか使えないようにスマートフォンにロックがかかっています。
それをキャリアが有料で解除してくれるというものです。
注意事項などありますので、詳しくは各キャリアのページにてご確認ください。

NTT Docomo /  au /  ソフトバンク /  Y!mobile 


最後に

現地のSimカードを買うってちょっとハードルが高そうに見えますが、台湾は別!
日本語も一部書いてありますし結構簡単に買えます!

Simフリーのスマートフォンを用意し現地でも気軽にインターネットしましょう!

では、お役立ち情報をいろいろ紹介していきますね!ありがとうございました。

雄介

ゲイ・1982年の東京都墨田区で生まれる。血液型はO型。星座は蠍座 今までにWEBサービスを提供する企業でディレクターとして活動。 中でも新規サービスの立ち上げに携わり、重要なポジションのメンバーとして活躍する。 今までに立ち上げに関わったサービスには、大手CtoCサービスや海外でも配信中の人気恋愛ソーシャルゲームなどがある。