台湾

台湾の古い町並みを見ることができる「剥皮寮歴史街区」

「剥皮寮歴史街区」最寄り駅は「MRT龍山寺駅」です



こんにちは、シュンコウです。今回はオススメの場所「剥皮寮歴史街区」を紹介します。

MRT「MRT龍山寺駅(繁体字:龍山寺站)」から徒歩10分で行けます。
台湾の古い街並を再現していてとても綺麗です。

剥皮寮歴史街区は古い建物が並ぶ地区です。

「剥皮寮歴史街区」の建物は古い物が多くて、
一番古い建物は清朝時代に建てられたと言われています。

また、木材を集めて積む場所になっていました。
そこで、木材の皮を剥いでいた事にちなんで「剥皮寮」という名前がつけられたと言われております。

ここは映画の撮影の場所として使われます。

撮影スポットがいっぱい!

写真好きな僕ですが、ここは写真を撮るにはとても良い場所です。

観光客の人もいて、みなさんこの歴史的建物を多く撮っているみたいです。

映画の撮影地にもなってます

皆さん「艋舺」という映画は知っていますでしょうか?
日本語では「モンガに散る」という名前で公開されました映画になります。

ここは1980年代の台北の街並が舞台だった映画で使われました。

他にも撮影箇所がいっぱいです

今回もたくさん写真を撮りました。
晴れている日に行けばもっと良かったかもしれません。




最後に…

有名な観光地「龍山寺」の近くにあるのでついでに足を運んでみてください。
台北の古い街並が見れますし、映画の撮影場所にもなってますから。

日本語の看板とかもあったりしますので見つけてみてくださいね。
では、また写真を撮ったらレポートいたします。ありがとうございました。

Infomation

「剥皮寮歴史街区」

住所:台湾台北市万華区廣州街101號
営業時間:9:00-17:00
定休日:月曜日
交通:MRT龍山寺駅 徒歩約10分 
シュン コウ

台湾の新北市生まれ三重育ち。 中国語だけでなく日本語も話せます。 これから様々な台北の観光名所などを紹介していきますので、楽しみにしていてくださいね!