台湾

2017 台北ランタンフェスティバル(臺北燈節)に行ってきました1 byシュンコウ

◆臺北燈節(台北ランタンフェスティバル)



こんにちは。シュンコウです!
今日は台北ランタンフェスティバルに行ってきましたのでそのレポートをさせて頂きます
写真も多く長くなりますので、何回にわけてお伝えします!

台北ランタンフェスティバルの開催期間は元宵節(旧暦1月15日)前後の10日ほどで、元宵節は旧正月の最後の日にあたります。

◆台湾ランタンフェスティバルとは

「民俗文化根、伝統国際化(風習を文化として根ざし、伝統を世界に広めよう)」を合い言葉に、1990年、現在の台湾フェスティバルの原型である「台北ランタンフェスティバル」が開催されて以来、毎年元宵節に行われています。元宵節にランタンを提げる伝統風習イベントを、地元に根ざした伝統やハイテク、国際化の理念を織り交ぜながら、スケールの大きな観光イベントに発展させました。以来、ランタンフェスティバルは国内各地で催され、全国的な祝賀イベントとなっています。中でも「台湾ランタンフェスティバル」は抜きん出た、国内外でも著名な祝賀イベントです。

HPより引用

◆写真をたくさん撮りましたよ♪

今年は初めて北門・中華路一帯へと場所を移動し、台北市のランタンフェスティバルが行われました。
ここはちょうど台北の中でも新旧の流行が集まる場所なんですよ。
また、伝統的な街に流行の新しい要素を注ぐことが今年の台北ランタンフェスティバルのコンセプトでもあるんです。

◆オープニングセレモニーの様子

盛り上がっていました。

◆オープニングセレモニーの映像♪

◆小奇雞

メインランタン「小奇雞」は、酉年にちなみ、卵から飛び出たひよこのようなキャラクターがデザインされたんですよ。



◆まだまだ続きますよ~。

たくさん動画や写真を撮りましたので、次回も続きますよ♪
お楽しみに!

シュン コウ

台湾の新北市生まれ三重育ち。 中国語だけでなく日本語も話せます。 これから様々な台北の観光名所などを紹介していきますので、楽しみにしていてくださいね!